現地見学会の報告

お知らせ
7月25日木曜日、知床硫黄山現地見学会を実施しました。ウトロの方々、小清水の方など合わせて7名の方にご参加いただきました。

知床硫黄山は朝から濃霧で100mほど先が見えない状態でした。
硫黄山登山口から少し林道を先へ進み、海側へ鉱山時代の道に沿って下り、索道の駅遺構や野外温泉を見学しました。それから新噴火口に登り、その途中で索道やトロッコの線路跡を見学しました。火口では世界的に珍しい溶融硫黄噴火の仕組みについて説明しました。

濃霧のため、資料を濡らしてしまった方が多かったので、必要な方はダウンロードできるようにしました。ほとんどのページはA3ですが、1の看板だけは大きなサイズになっております。印刷するときは調整してください。すいませんがセルフサービスでお願いいたします。

資料ダウンロード



次回9月ごろに見学会を予定しております。このサイトでお知らせいたします。こぞってご参加ください。

----------------------------------------------



知床硫黄山・現地見学会
「知床硫黄山の溶融硫黄噴火の跡と硫黄鉱山遺構」


日時:2019年7月25日木曜日
午前8時~夕方まで
   雨天の場合は、26日金曜日に実施
   延期かどうかは、ホームページでお知らせしますので、
   このサイトをご確認ください。
集合場所:斜里町ウトロのセブンイレブン駐車場に朝8時に集合

もちもの:弁当、水筒、カッパあるいは傘(突然雨がふることがあるので、かならず持ってきてください)、帽子、運動靴、動きやすい服装、筆記用具など

参加費:500円(資料代)

ウトロからカムイワッカまでバスがありませんので、自家用車かバイクで移動します。移動手段が見つからない方はご相談ください。

参加される方は、できれば前日までにお知らせ願います。
(資料を用意しますので、人数を把握したいので)
20120305@earthscience.jp こちらのアドレスまで。

保険は用意しておりません。山歩きをしますが、各自よくよく注意してご参加ください。